未熟PLAYER

Twitter:@allnighthataori

【ポケモンSM S1使用構築 最高・最終2041】 やっぱりグロスガブ

初めましてこんにちは、はっとりです。
今回はポケモンサンムーン シーズン1終盤で使用し、最高レート2041を達成した構築の紹介をさせてもらいます。ベースとなっているのはシーズン中盤に使用した構築となりますが、変更を所々加えたので前回の記事http://hattorisunshine.hatenablog.com/entry/2016/12/30/002310も合わせて見て貰えると嬉しいです。


f:id:global-1105-h:20170117095921p:plain


使用開始レート:1700台(正確には覚えていません。)
最高および最終レート:2041
最終順位:199位
f:id:global-1105-h:20170117094715j:plain


・個別紹介(以下常体です。)

f:id:global-1105-h:20161230004230g:plain

メタグロス@メタグロスナイト
意地っ張り/クリアボディ→硬い爪
187(252)-216(252)-170-*-130-131(4) ※メガ後
コメットパンチ バレットパンチ アーマハンマー 地震

A
H4振りメガマンダがコメパンで確定2発
HB特化ポリ2がアムハンで乱数2発(与ダメ90~108)
B4振りガブにコメパン+バレパンの与ダメが178以上

被ダメ
陽気ガブの地震:122~146
陽気メガマンダの地震:88~104
A+1 意地メガマンダの地震:144~170
A+1 陽気ギャラドスの噛み砕く:168~198
意地ミミッキュのシャドクロ:74~90
臆病コケコのZ10万ボルト(フィールド込):168~198

 シーズン中盤以降ずっと使っているメガメタグロス。シーズン終盤になっても通りが良く先発性能も高かったので使いやすかった。ただ、襷ミミッキュが増加していた印象があり、Sの実数値を意地ミミッキュ抜きまで伸ばしても良いと感じた。どうしても技外しが付きまとうのが難点。
 
 相手のパーティがどうであれ、腐ることがほぼ無いので選出に困ったときは雑に先発で投げていた。


f:id:global-1105-h:20161230011109g:plain

ガブリアス@気合いの襷
陽気/鮫肌
183-182(252)-115-*106(4)-169(252)
地震 逆鱗 炎の牙 剣の舞

 以前は竜Zで使用していたがSが上昇したマンダ、ポリZ、デンジュモク等を止めるために襷で採用。選出したときは高いタイマン性能により何かしら仕事をしてくれた。炎の牙はハッサムやテッカグヤ意識で、岩封が欲しいと思った場面は特に思い当たらない。竜技の通りが非常に悪い環境だったので逆鱗はなるべく打たないように気を付けた。


f:id:global-1105-h:20161230014720g:plain

シレーヌ@こだわり眼鏡
控えめ/激流
187(252)-80-94-195(252)-136-81(4)
うたかたのアリア ハイドロポンプ アクアジェット ムーンフォース

C
H振りメガハッサム・H振りギルガルド・H振りテッカグヤがそれぞれ泡沫のアリアで確定2発
H振りポリ2がムンフォで乱数2発(与ダメ91~108)
D4振りカプ・テテフがハイドロポンプで乱数1発(与ダメ135~159)

被ダメ
陽気メガボーマンダの捨て身タックル:169~201
A特化ハッサムのバレパン:81~96
C特化ギルガルドのシャドボ:75~88
臆病コケコの10万ボルト(フィールド込):164~194

 メタグロスで相手にするのが面倒な鋼ポケモンに高火力を押し付ける眼鏡での採用。環境にいる鋼タイプは水技で大体確2には出来る。鈍足で基本的に上から殴られるので先発もしくは死に出しでの運用になる。冷凍ビームを全く撃たなかったため、以前の構築から変更してアクジェにしてみたがアクジェも全然打たなかった。他に使えそうな技としてエナジーボールシャドーボールもあるがこれらの技も撃ちたいと思う場面がなかったので恐らくアクジェが一番マシという結論に至った。A個体値21。

 ギルガルドが相手パーティにいる時の先発率が高かった。  


f:id:global-1105-h:20161230021131g:plain

カプ・コケコ@電気Z
臆病/エレキメイカー
145-110-106(4)-147(252)-95-200(252)
10万ボルト 蜻蛉返り 草結び マジカルシャイン

 不意の超火力で相手のサイクルを崩壊させるために電気Zでの採用。Sが130あるので無難に強かった。草結びはマンムー意識、蜻蛉返りはマンムーの襷を潰しつつテッカグヤに引いたり、ガラガラの後出しを読んだりして使っていた。A個体値6。


f:id:global-1105-h:20161230022112g:plain

カプ・テテフ@こだわりスカーフ
控えめ/サイコメイカー
145-*-95-200(252)-136(4)-147(252)
サイコキネシス 10万ボルト シャドーボール ムーンフォース

 終盤のお掃除役。エスパーの一貫を作れた時のこのポケモンは頼もしいの一言。フィールド下ではH振りハッサムもサイキネで確3には出来るので他で削ってこのポケモンで強引に倒すということもあった。舞ったギャラドスの上は取れるが、最速デンジュモクや最速ポリZには素の素早さで負けているので臆病にするのもアリかもしれない。

 ゲンガー入りの構築に対してだけは、ほぼ初手でゲンガーが出てくるのでテテフを初手で投げることが多かった。


f:id:global-1105-h:20170116042701g:plain

テッカグヤ@突撃チョッキ
素直/ビーストブースト
173(4)-153(252)-123-127-121-113(252)
ヘビーボンバー 地震 火炎放射 ニトロチャージ

A
H175ジバコイル地震で乱数1発(与ダメ172~204)
H175メガハッサムがニトチャで乱数2発(与ダメ76~92)

C
H175メガハッサムが火炎放射で確定2発

S+2で準速スカーフサザンまで抜ける。

被ダメ
A+2 意地ミミッキュのシャドクロ+影うち:160~189

 もともとファイアローだった枠で、唯一の地面無効枠でもある。役割対象はジバコイルハッサム、アシレーヌ、カプ・テテフ、カプ・ブルルあたり。ニトチャとビーストブーストで全抜きしてくれることもあったのでハマれば強いと思う。Cは下降補正をかけてもかけなくても放射でメガハッサムが確2なのでAかSに補正をかけた方が良い。個人的には火力が足りないと感じた(Hに振られているとジバコすら地震で確1に出来ない)から意地っ張りを勧める。

 相手のパーティに先発で出てきやすいミミッキュとゲンガーの両方がいる場合は、どちらもある程度誤魔化せるこのポケモンから入るようにしていた。



・構築およびシーズン1の感想

 地面が一貫しやすいパーティで、特にスカーフガブリアスが重かった。他に重かったのはゲンガー、襷ミミッキュなど。選出については、どのポケモンも満遍なく出してそれなりに活躍させられた。
 とにかく構築がガバガバであったが個々のポケモン種族値が高いので1900台は維持できていた。
 レート差マッチについては、負けると心が折れそうになるので出来れば改善してほしい。
 


・最後に(ここから敬体です。)

 ここまで見てくださりありがとうございます。また、シーズン1で対戦してくださった方はありがとうございました。シーズン2以降もよろしくお願いします。それでは、失礼します。
 何かあればtwitter→@allnighthataori まで。